良い風俗写真

風俗にはデリヘル・メンズエステ・SM・ソープなど様々な業種が存在しているが、どの風俗業種においても多くのお客を獲得するためには写真が大切になってくる。専用のスタジオで豪華なセットの中、自分の身体で自信のある部位を強調しなおかつ自信のない部位を隠して撮影する。さらにPCを使用して見栄えが良い写真になるよう修正が施される。その過程で顔のしわやシミといったものを消すこと、胸やお尻を大きくたるんだ肉を目立たせなくするといった修正も可能だ。そのためホームページ写真やお店のパネルで使われる写真は、本人とは別の人だと思えるほど素晴らしい仕上がりになっていることが多い。新人嬢などの中にはスタジオで撮影する時間が取れなかったなどの理由で、お店の中で携帯撮影をしたような写真が載せられていることもある。それは女の子本来の姿に近いためお客側としては判断材料となって良いが、ホームページ写真と比べるとどうしても粗末に写ってしまう。ただこのようなものはお店や女の子が考えた良い写真ということが多い。それだけにお客から見るとあまり良くないのだ。ここではお客目線から見た良い風俗関連写真について書いて行こうと思う。

12229

お客によって見たいと思うポイントは異なるが、多くの人にとっては良い部位を協調するよりも全体のバランスを見たいだろう。風俗店のプロフィール写真や写メ日記などでは、胸が大きくぽっちゃりした女の子であれば胸を協調しお腹が分からない写真になっていることが多い。こういった場合全体のバランスが分からないので、全身の肉付きと比べて胸が大きいのかどうかが分かり辛い。そのため写メ日記やブログで首から腰または脚位まで見える写真を出してもらえると良い。またそれが厳しいということであれば、顔をモザイクで隠すか分からなくした引き気味の全身写真を撮ってもらえると全体のバランスが見えてくる。これはお腹が出ていないスレンダー体型の女の子であっても同じことが言えるのだ。

そして写メ日記などでエロイアピールとして、必要以上に露出を多めにしたり隠語を使った内容を書いている女の子もいる。ただこのようなことを書いている女の子は、実際は普通なテンションで接客する場合も少なくない。それよりも友達とどこかに遊びに行っている・何らかの趣味をしている自分の写真を公開している方が良い。このような写真から女の子の交友関係や本来の性格を知ることができるので、実際に会うときに安心して接することができるようになる。
風俗を日本橋でリサーチしてみる